地域共創センター地域共創センター

天发娱乐网站_bob投注下载-游戏*平台 > 都市みらい創造戦略機構(地域連携課)

都市みらい創造戦略機構(地域連携課)
地域教育活動関連
地域調査研究関連
資料室関連

都市みらい創造戦略機構について

機構長就任あいさつ

 私は、2022年度より新たな機構長に就任します。この組織は、2021年度にスタートしたばかりで、まだ対外的に認知度が低い組織です。だからこそ、今この時期に、しっかりした組織を育まなければなりません。私は、多くの組織を見てきました。それらを見て思うこととして、一般的に新たな組織は、形をつくることに主眼が置かれ、組織本来の役割を果たすまでに至っていません。当然、このような組織運営では、組織を機能させる前に改組を繰り返して終わってしまいます。私は、そのような、どこにでもある組織にならないために関係者全員の協力がなければ、この組織が担う目的を成就させることなどできないと思います。つまり、この組織に関わる産官学民が協働した取り組み展開をしなければならないということです。

  しかし、その一方で人は、これまで取り組んだ経験したこともないことに関わることに対して、かなり勇気がいります。まずは人々が、この取り組みに関わるための機会の創出からです。そこから、初めの一歩を踏み出すための練習をすることから始めなければなりません。この練習を行っていく中から自然体で、地域について知ることができ、地域の問題についてお互いに考え、知恵を出し、解決に向けての行動を共に行っていきます。そこから徐々に、信頼の輪ができていきます。この関係が出来ない状況で、地域の将来を考えても未来は不透明なままです。先行きを明るくしていくためには、必要なところに、必要な人材や情報が求められます。このような基本的なことを共有し、地域が求める人材ニーズを的確に把握していくことで、地域で活躍できる人材を育成し合う関係づくりが醸成されていくと思います。今の下関の地には、このことが急務だと思います。私は、読者の皆さんに子ども染みた“練習”という言葉で表現しましたが、この行為こそが、この組織で取り組む「地域の情報バンク」の中で必要とする情報を収集?ストックしていく第一歩だと思います。この取り組みを通じて、関係者全員が、この組織で担う役割の重要性を理解していくものと考えます。

  ここで集積された情報は、産官学民に携わる大人だけのものではありません。これからの時代を担う若者(学生)にとっても、地元下関に貢献していくためのキャリア形成にとっても必要不可欠なものへと必ず変化していきます。地域全体で、この組織を育むことこそ、将来にわたる地域産業の礎となり、若者のキャリア支援の原動力になっていくものと確信しています。

  どうか、「都市みらい創造戦略機構」の運営に対し、暖かい目で見守っていただき、この組織が担うべき役割達成のため共に育てていただきたいとお願い申し上げます。何卒、よろしくお願いいたします。

2022年4月 都市みらい創造戦略機構長 竹内 裕二

 

 

【お問い合わせ先】
下関市立大学都市みらい創造戦略機構(地域連携課)
〒751-8510 山口県下関市大学町二丁目1番1号
TEL. 083-254-8613 / FAX. 083-253-1622